スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【書評】『不毛地帯』、山崎豊子著

でんすけ⇒ ハードキャリングケース【カメラオプション★】 SONY
【PJ 2007年09月12日】- この小説は、先日逝去した瀬島龍三氏がモデルとされている小説で全四巻の長編である。世界に冠たる日本の総合商社を舞台にした小説で、経済を学ぶ方、商社を志す方には特に読んでほしい小説である。
 
 終戦13年後、壱岐正は近畿商事に面接に訪れる。彼は陸軍士官学校、陸軍大学を卒業した大本営参謀をつとめたエリート軍人だったが、終戦後ソ連との停戦交渉のため満州にへ行き、そのままシベリアで11年もの強制労働をさせられたのだった。

 その後2年間の浪人し、大門社長に参謀として鍛えた組織力、作戦力を当社に行かしてほしいと、請われ面接に応じ、商売の全くわからない壱岐に「あんた、戦争に負けてすまんと思っているなら、軍事戦略で鍛えた頭を経済発展に使うべきや」といわれ入社する。


FX最新情報は・・・ロスト・キッズ(初回生産限定)(DVD) ◆20%OFF!





 そして商売のイロハから学び、やがてFX(次期主力戦闘機)商戦に携わる。官僚や政治家相手に”実弾戦”をも行いながらライバルの東京商事の鮫島辰三(日商岩井の元副社長・海部八郎がモデル?)の推すグラントを破り近畿商事の推すラッキード決定にこぎ着ける。物語は終始海部が壱岐のライバルとなっていく。

 その後業務本部長に昇格した壱岐はアラブとイスラエルが戦争を始めそうな状態の状況分析を、壱岐が大本営参謀の経験から的確に予想し、その間の船腹や物資の相場読みなど国際情勢に左右される商社ならではの描写がある。

 そして妻の不慮の事故死を乗り越え、壱岐はニューヨークへ赴任...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


ロスト・キッズ(初回生産限定)(DVD) ◆20%OFF!


◆FX関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆FX関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

2007年09月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。